2018年03月07日

秋田科学技術協議会「科学技術フォーラム」

今日は秋田市手形の秋田大学にて秋田科学技術協議会の「科学技術フォーラム」が15時から行なわれました。今回のテーマは「機械学習・ロボット技術による産業活性化の可能性を探る」というもので、3名による講演会でした。はじめに、この協議会の会長である秋田商工会議所会頭の三浦廣巳氏の「機械学習・ロボット技術に期待すること」という講演があり、2人目は「ロボットを使った社会システ厶イノベーション」という演題で講師に国立研究開発法人産業技術総合研究所の情報・人間工学領域ロボットイノベーション研究センター副研究センターの長である大場光太郎氏でした。3人目は「人工知能とモノづくりの未来」ということで、講師に筑波大学システム情報系知能機能工学域の准教授である延原肇氏が話しをしていました。3人とも示唆に富んだお話でとても勉強になりました。17時半からは交流会となって、今日もついつい飲みすぎてしまいました・・・

posted by シン at 23:16| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: