2019年03月01日

PV−EXPO2019

せっかく上京しているので仕事をからめてPV−EXPO2019に来ています。今回は別の意味で注目をしています。と言うのは太陽光の買取価格が限界に来ており、もう太陽光ビジネスでは食っていけない時代に入りました。この膨れ上がった産業の行く末を確認したと言っても過言ではありません・・・お昼近くに東京ビックサイト入りして、荷物をコインロッカーに預けたあと会場を回りました。案の定、太陽光パネルのエリアは閑古鳥でした。一方、蓄電池のエリアは盛況で賑わっていました。いろんな業者と打ち合わせをして、カタログをたくさんもらって帰ってきました。気がつくと閉館間際であわてて帰りました。これから、作戦を考えます・・・・・
posted by シン at 23:27| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする